着物が擦れて白くなったらこう直します。気にならなくなりますね

着物スレ直し

着物がスレて白んでしまっっていますか?
何かこぼれた時に おしぼりなんかで拭いたりすると擦れてしまいます。

着物スレ直し

スレてしまうと白く見えて一目にも気になります。
大体なにかこぼれるときって 胸元からうわ前辺りになります。
と言うことは正面から見てよく見えるところとなります。

これは気にならない訳がありませんね。
何とか直るものかとよくご相談いただきます。

 着物スレの原因 

スレの原因としては絹の特性にあります。
これって色が剥げてるわけではありません。

絹糸は蚕の出す糸を集めて撚糸と言いますがよじって1本の糸にしています。
絹は濡れるとそこが固くなるので そこをおしぼりの更に濡れたものでこすると
よじられた糸がバラバラにって1本1本に戻るのです。
この糸が白く見えてはげたように見えるのです。

要するに毛羽立っている状態です。

染め色が無くなってる訳ではありませんが1本ではその色が見えずに白く見えるのです。
これがスレです。

 着物スレを直す 

スレ直しはこの1本になってしまった糸だけに色を入れてわからなくする方法です。
生地には色が付かないように ばらけた糸にだけ色を入れていくのです。

入れる色は生地と同じ色を作ります。しかも濃く作ります。

平ばけで色を入れますがここが難しいところ 生地に色を付けてはいけないので緊張します。

着物スレ直しの工程

今回のお着物は衿周りに食事をこぼされおしぼりで拭かれたそうです。
白く見えるところがすれたところですね。
着物スレ直し

刺す色は三原色で作ります。この作り方が一番合いやすいですね。
着物スレ直し

このようにだんだんと合わせていきます。
着物スレ直し

白い布に付けて具合を見ます。
着物スレ直し

角度をつけてみると擦れてるのがよくわかりますね。
着物スレ直し

平はけで色を入れていきますが入れるとこんな感じです。
片方は分からなくなりましたね。
着物スレ直し

これでほぼ分らなくなりました。写す角度が違いますが・・
着物スレ直し

 着物スレ 注意していただきたいこと 

お食事時にこぼされたら どうしても拭きたくなります。
絹は濡れたところをこするとスレてしまうということを覚えておいてください。

そして「おしぼり」は洗浄の工程で 塩素が入っています。
弱い染色だとこの塩素で色が変色してしまう恐れもあります。

こういった時はウェットティッシュで上から ポンポン叩く程度で終わらせ
決して拭いてはいけません。

その後は信頼のおけるしみ抜き屋さんに持って行きましょう。

スレを起こしたり変色させると要らぬ料金がかかってきます。
お金儲けと思い

  ウェットティッシュで上から ポンポン叩く

これ覚えておきましょう。

京都着物お手入れ工房 丹後TOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。