ご子息様の結婚式にお召しになる留袖カビがありクリーニング

留袖 カビ 取り方

ご子息様のご結婚おめでとうございます。
留袖をお召しになられるということで出してみるとカビが・・・・。

これでは着れないとご相談いただきました。
留袖の場合カビが表面についているだけであれば洗えば落ちます。

これが生地まで浸食していたら色剥げになっています。
留袖の場合だいたい 赤くなって色が落ちています。

これは黒であってもいろんな色が混ぜられて黒になっているので
カビによって染色が侵され だいたい青が先にあせます。
なので赤が勝って赤く見えるのです。

こういった着物にしてもパンにしても餅にしてもカビが肉眼で見えるということは
着物なりパン全体にカビは回っていて胞子が部分的に集まって白カビ、黒カビとなって視認できるだけであって
そこだけ取れば済む問題ではありません。

着物の場合は洗わないといけません。
今回洗ってみて カビは落ち 肝心の生地にまで行ってるかどうかでしたが
残念ながら生地までいっていました。

幸いに遠目ではわからず お客様も色補正などは必要ないとおっしゃられていましたので
今回洗って目立たなくなったので結果良かったです。

色補正の場合黒は一番色が合わない難しい色なんです。
普通に黒なら簡単に思えますが 黒は最強に手ごわい相手なのです。
ごまかししかできません。

留袖 カビ 取り方

京都着物お手入れ工房 丹後TOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。