振袖を仕上げました。新春にお召しになるのでしょうか?

振袖仕上げ 京都丹後

振袖を仕上げました。
最近の振袖は箔が付いていてこれはゴム糊などで張られています。
昔の場合この接着方法はよくはがれたりしたものですが
今ではその製法が進化しなかなか剥がれないようになっていますね。

振袖仕上げ 京都丹後

しかしアイロンを直に載せるのは厳禁です。
当て布を使って仕上げていきます。

箔はきらびやかで豪華に見せますが洗ったり仕上げたりするときは気を使います。
振袖仕上げ 京都丹後

この柄は御所車に桜と言うことで新春から春が似合いますね。

他にも袋帯・長じゅばんをお預かりしていました。

京都着物お手入れ工房 丹後TOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。